FX 投資のIFD注文とは?

   2016年02月28日 IFD, エクシット, エントリー, ロスカット, 初心者, 注文, 逆指値

こんにちは!

「ダンナ」です。

FX投資についての「ダンナのツブヤキ」です。

今回は、

「FX 投資のIFD注文とは?」

という内容で記事を書きます。
 
 

FX 投資のIFD注文とは?

 
f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
 

大切なFXトレード前のステップ

 
このブログでは、実際の注文の仕方に

ついて解説します。
 
注文の仕方は、これまで述べてきた

FXトレードに必要な環境や業界などの情報を

踏まえたうえでの実戦になります。

 

しかし、実際に注文する前に、

今、市場の動向を、チャーを

読み取ることで判断します。
 
判断するには、様々便利な

チャートがありますが、

その中でも「ローソク足」を使って、

ある「パターン」を認識することで、

より正しく「トレンド」をつかむことが可能です。
 
FX初心者には、大切なステップですので、

チャートで直近の動向を

読み取ってから「注文の仕方」を

十分練習して、実践に取り組んでください。
 
この「注文の仕方」の練習は、

FX業者が提供するデモトレードを

利用することができますので、

十分時間をかけて「注文の仕方」について

習得してください。
 
 

IFD(イフダン)注文とは

 

「売り」と「買い」をセット注文

 
「IFD(イフダン)注文」は、一度に

二つの注文を出して、

最初の注文が約定したら二つめの注文が

自動的に発動される注文方法です。

 

IFD注文事例

 
たとえば、1ドル=115円でドルを買うという

注文を出す場合、同時に

「1ドル=120円になったらドルを売る」

という注文も出しておきます。
 
つまり、最初の注文が約定したら、

その反対売買の注文を自動で出すのが

「IFD(イフダン)注文」です。

 

二つめの注文は、最初の注文が成約しない限り

発動されることはありません。

 

注文は、「指値」でも「逆指値」でも出せます。

 

また、思惑どおりに相場が動いた場合の

「利益確定」や、常時パソコンの前にいられず、

その間に相場が急激に動いて

大きな損失を被らないための「損切り」にも

有効な手段として利用できます。

 
 

IFD注文の事例

 

利益確定パターン

 
現在、相場は1ドル=115円で

上昇トレンドに転換したようです。
 
このトレンドに乗って一定の利益を

狙いにいくケースでは、

1ドル=116円になったら買い(逆指値)、

118円になったら売り(指値)という

「IFD(イフダン)注文」を発注します。
 
 

相場が予想どおり118円になったら、

【2円の利益が確定】されます。

 

もちろん、相場が1ドル=120円まで

振れるケースもありますが、

より高値を狙っているうちに

「下げ戻し」にあって、

利益がなくなってしまった

ということもあるでしょう。
 
 

利益獲得チャンスを確実に

ものにしたい場合は、

「逆指値買い+指値売り」の注文を

同時に出しておくことで、

一定の利益を確保することが可能です。
 
 

損失限定パターン

 
利益確定パターンの例では、

予想どおりに相場が動いてくれた

場合のケースですが、

相場はそうそう思うように動いてはくれません。
 
時には損失を出す場合もありますから、

その場合でも損失は最小限に

食い止めたいところです。
 
そうした場合は、

「逆指値買い+逆指値売り」で損切りを

確定させてしまう方法で注文を出します。

(ストップ注文)

 
 
たとえば、上昇トレンドと予想して、

買い注文を逆指値で出したとします。
 
相場が1ドル=115円の状態で、

1ドル=116円になったら買い(逆指値)、

114円になったら売り(逆指値)という

「IFD(イフダン)注文」を発注します。
 
 

相場が1ドル=116円になったら買い注文が成約し、

同時に1ドル=114円になった場合の売り注文が

自動的に有効になります。
 
 

予想と反した相場の動きがあった場合でも、

1ドル=114円になった時点で

ストップ(売り)が成約されますから、

【損失は2円で確定】ということになります。
 
 

IFD(イフダン)の注意点

 
「IFD(イフダン)注文」は、

同時に二つの注文を出せますが、

一つの注文に対して決済方法は

一つというルールがあります。
 
 

つまり、一つの注文が決済されたあとは、

二つめの注文が発動されるわけですが、

利益確定パターンで注文した場合、

思惑と反対に相場が動いた場合の

売り(ストップ)決済は、

手動で行うことになります。
 
FXは、利益を最大限に引き出すという

トレードが理想ですが、

”損失をいかに少なくするか”という

視点がより重要になってきます。
 
 

特にFXの初心者は、損切りを抑えるための

IFD(イフダン)注文から始めて、

利益確定を手動でやることをお薦めします。
 
 

トラップリピートイフダン(商標登録)

 
一定間隔(値幅)で一定の注文を1回で

複数だすことができる注文方法を

『トラップトレード(商標登録)』

といいます。
 
細かいイフダン注文を配置することで、

リスクを分散させることができます。

 

さらに、

そのトラップトレードに

リピート機能をつけたのが

『トラップリピートイフダン(商標登録)』

という注文機能です。

 

通常のイフダン注文は、売り買いの注文を

ひとつのペアとしてだしますが、

『トラップリピートイフダン(商標登録)』

は一度に複数の取引を発注することが可能です。

 

再設定するわずらわしさを排除し、

自動的に繰り返し同じ注文を出すことが

可能となります。

 

この『トラップトレード(商標登録)』は、

「マネースクウェア・ジャパン」

が2010年1月22日に特許取得している

注文方法です。

 
 

今回は、以上です。
 
ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。
 
次回の「ダンナのツブヤキ」を楽しみにしてください。
 
 
以下は、参考商材の広告です。
神眼FX 億トレーダー養成プロジェクト

コメントは受け付けておりません

無料レポートの受取り申請

2020年8月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31