スワップ金利とFXについて

こんにちは!

「ダンナ」です。

FX投資についての「ダンナのツブヤキ」です。

今回は、

「スワップ金利とFX」

という内容で記事を書きます。
 
 

「スワップ金利とFX」

 
c722438242d4d97a0fe301974ee677d3_s
 

なぜ金融について学ぶのか?

初心者がFX投資を始める際に、FXに関係する一般的な

背景を勉強して、その仕組みや特徴を理解することが、

非常に大切です。
 
その意味で、投資の根本的な基礎となる「金融」について

知識を深めることは、今後のFXを主体にした投資活動に

非常に参考になると考えます。
 
 

金利とは

 
「金利」は、その国の経済活動を反映するもので、

その時の景気を判断して、中央銀行、すなわち日銀が、

金利を決めます。
 
その「日銀」の金利政策発表で、銀行間の取引で使用される

「市場金利」が決まります。
 
この時の市場金利は、他の金融商品にも反映されて、

銀行の預金金利、住宅ローン金利、

貸付金利などが決まります。
 
 

景気と金利

 
一般的に、その国の経済の景気が良い場合は、

物価が上がりインフレになりますので、

中央銀行が「金利」を高くして、

景気の過熱を抑えようとします。
 
反対に、景気が悪く、物価が下がりデフレになると、

中央委銀行が、「金利」を下げて景気回復を促します。

また、中央銀行は、政策的に金利を下げて、

通貨の価値を下げて、輸出企業を

刺激することも行います。
 
この結果、円安ドル高になり、輸出産業が

潤うことになります。
 
一方、「金利」を下げて円安ドル高になると、

輸入品が高くなり、

一般市民の生活必需品や日用品、

製造業の原材料費、

原油や天然ガスが高騰して、

一般市民や企業に影響が出ます。
 
ということは、「金利」の決定には、

常に「諸刃の剣」のような

面がありますので、中央銀行、

日銀や政府は、

慎重に対応しています。
 
 

FX投資と金利

 
ここで、FX投資を考えている初心者は、

この「金利」政策が、

その国の通貨の価値を決定していることを、

十分理解してください。

金利の高い米国ドルは、当然、

日本円より高くなります。
 
そして、米国の連邦制度理事会(FRB)は、

今後は、米国の景気が良いので

「ゼロ金利政策」を解除して、

金利を高くしようとしています。
 
すなわち、今後は米国通貨のトレンドは、

ドル高に向かいます、というのがこれまでの

シナリオでしたが、今年の年初から株安、円高に

大きく振れて、これまでの予想を覆しました。
 
これは、中国経済の冷え込みと原油安に

よるものと解釈されています。
 
 

日本の金利安の事情

 
一方、1000兆円以上の財政赤字を

持つ日本は、「金利」の引き上げが

難しい事情があります。
 
それは、もし日本の「金利」を高くすると、

日本政府が毎年支払っている国債の

「利子」が上昇し、その「利子」負担が

国の一般会計の予算を圧迫する

ことになるからです。
 
これは、非常に重要なことです。

日本の一般会計の四分の一を占めている

「利子負担」は、すべての財政政策に

重くのしかかってきます。
 
このように「金利」というものは

「金融の世界」で、非常に重要な役割を

果たしていることをご理解ください。
 
 

スワップ金利とは

 
2通貨間の金利差をスワップ金利

(またはスワップポイント)

といいます。
 
2通貨のうち、低金利の通貨を売り、

高金利の通貨を買えばスワップ金利を

受け取ることができます。
 
逆に高金利の通貨を売って、

低金利の通貨を買えば

スワップ金利を支払うことになります。
 
 

FXのスワップトレード

 
FXのスワップトレードは、

長期的な投資スタイルになり、

FXの知識や売買スキルなどが

あまり必要ないので、

初心者の方向けの投資スタイルといえます。
 
スキャルピングやデイトレードなどの

短期的なトレードでは、タイミングが命なので

PCの前でチャートなどの情報をチェックし、

常にトレードのタイミングを探さなくてはなりません。
 
サラリーマンや主婦の方では、本業もあるので

なかなか難しい投資スタイルになると思います。

その点スワップ投資では、トレード期間が半年や

1年に1回程度なので、PCの前に常に

座っている必要もないです。
 
スワップトレードは、テクニカル分析などで相場を

予想したりする必要があまりないので、

初心者の方でも比較的簡単に利益を得やすい

投資スタイルなのです。
 
基本的な情報等をチェックし、長期的に相場全体を

見ていく感じです。
 
さらにスワップトレードは、

基本的にはレバレッジをかけすぎず、

急な為替の変化でも損切りせずに

スワップポイントを貰い続けるスタイルなので

危険も少ないです。
 
FXを始めるなら、まずスワップ投資から初めてみて、

為替の仕組みや流れなどを勉強してみましょう。
 
 
今回は、以上です。
 
ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。
 
次回の「ダンナのツブヤキ」を楽しみにしてください。
 
 
以下は、参考商材の広告です。
神眼FX 億トレーダー養成プロジェクト

コメントは受け付けておりません

無料レポートの受取り申請

2020年8月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31