FXの地政学的リスクとは?

   2016年03月02日 FXの注意点, コラム, リスク, 初心者, 地政学的リスク, 投資マメ知識

こんにちは!

「ダンナ」です。

FX投資についての「ダンナのツブヤキ」です。

今回は、

「地政学的リスクとは?」

という内容で記事を書きます。

地政学的リスクとは?

 
8d4d0187b1ac2749e005aec7b1649a2a_s
 

なぜ金融知識を学ぶのか?

 
初心者がFX投資を始める際に、

FXに関係する一般的な背景を勉強して、

その仕組みや特徴を理解することが、

非常に大切です。
 
その意味で、投資の根本的な基礎となる

「金融」について知識を深めることは、

今後のFXを主体にした投資活動に

非常に参考になると考えます。
 
 

地政学的リスクとは

 
地政学(geopolitics)とは、

スウェーデンの政治学者

ルドルフ・チェレーン(Rudolf Kjellen 1864~1922)

によって考案された用語で、

地理的な位置関係が国際関係に与える

影響を研究する社会科学の学問です。

地政学的リスクとは、

特定地域における軍事・政治的緊張

などが与える影響・リスクを意味します。
 
地政学的リスクという言葉は、

米国連邦準備制度理事会(FRB)が

2002年9月に出した声明で使用したことから

頻繁に用いられました。
 
 
最近の石油市場関連で用いられる時には、

イラク、リビア、ロシア、ナイジェリア

など産油国の治安・経済・社会情勢が石油の

需給関係や市況に及ぼす影響を指しています。
 

「地政学的リスク」は、

日経平均や個別銘柄、

世界の株価の水準やトレンド

に関係なく発生する可能性があり、

とりわけ投資家にとっては

「不確実性」

を意味します。
 
世界的に最も意識されている地政学的リスクは

「中東情勢」

と言えるでしょう。
 
特に、

イランの核開発問題、

イスラエル対イスラム諸国の軍事衝突、

反米デモの広がり、

アラブの春革命、

シリア内戦

ISISイスラム国

など、

多くの対立関係や紛争問題があります。
 
 
中東地域では、

歴史的な経緯、

経済格差、

石油などの資源分布、

そして

イスラエルを支援するアメリカ合衆国

を含めたパワーバランスなどから、

混沌とした情勢が続いています。
 
 
国際ニュースでよく報じられることからも、

世界経済への影響が高い中東情勢に世界の目が

注がれていることが分かります。
 
 
日本では、日本列島から遠い中東情勢よりも

北朝鮮のミサイル問題などが

大きなニュースになったりしますが、

実は中東は「日本の生命線」とも言われます。
 
 
これは日本のエネルギー事情に大きな関係があります。
 
原油の自給率が0.4%と低い日本は、

原油のほぼ全量(99.6%)を

海外から輸入しています。
 
 
原油の輸入先は8割以上を中東地域が占めており、

天然ガス(LNG)の輸入先は地域分散されてはいますが

中東依存度は29.5%となっています(2011年度)。
 
 
1967年ごろの日本は、原油輸入の中東依存度は

9割以上となっていました。
 
 
その後、石油危機をきっかけに、石油を安定して

確保するために、中東以外の国から輸入する

取り組みを進めたことがありました。
 
 
この結果、原油の中東依存度は

一時7割程度にまで低下しましたが、

1990年以降はエネルギー使用量の増加とともに、

再び9割近い依存度になっています。
 
 
中東地域で緊張状態が高まりますと、

供給不測の懸念から

石油や天然ガスの価格が高騰します。
 
 
また、商品市況の高騰のほか、

為替通貨の乱高下など

大きな価格変動につながることもあり、

日本経済はもちろん、世界経済全体に

与える影響は多大となります。
 
 
「地政学的リスク」は、戦争や紛争など

「もしも起きたときには、

市場に大きな影響を与える」

といえます。
 
 
最悪の事態が回避されることも多いですが、

株式市場の解説などで「地政学的リスク」という

言葉を見かけるようになったら、

なるべく現金化するようにして、

もしものときに備えるようにしましょう。
 
 
今回は、以上です。
 
ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。
 
次回の「ダンナのツブヤキ」を楽しみに
 
 
以下は、参考商材の広告です。
神眼FX 億トレーダー養成プロジェクト

コメントは受け付けておりません

無料レポートの受取り申請

2020年8月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31